CDなどの買取について

私はある買取業者を何度か利用させてもらってます。
それこそ他の店と見比べて売る事も多いのですが、先に結論を言わせてもらうとまあ、こんなもんなのかなあという感じがしてします。
私が売ったものはCDやDVDなど様々ありますが、特に本が多いです今まで売った本の中で一番高かった金額は1600円前後だと思います。
それこそ色々な本を殆ど読んでいない綺麗な本もありました。
多分50冊程あったと思います。内容としては長編の小説で全巻揃っていたり自己啓発の本等がありました。
そんなに値段がつかないような本も勿論あったと思いますし、そこまで文句があるわけでもないのですが、もう少し値段がついても良いんではないのかと思う時も当然あります。
所詮古本だし値段がつくだけでもありがたいと思えと言われたらそこまでだと思うのですが、高価買取を望む思いもあります。
お店の判断で値段がつかないと判断されたときには、無料での引き取りになるか、持ち帰るかの選択を迫られるのですが、そういう時は私の場合は持ち帰ってしまいます。
損したような気になってしまうので。
やはり新品で本を購入した時は無料でカバーを付けてもたえるのでしっかりとカバーをつけてもらいしっかりやってもらおうと思い、今では本を購入する時にはカバーをかけてもらう様にしています。
それで管理するようになってからは少し高値で売れるようになった気がします。
売る時もカバーを付けたままで売りに行くようにしています。
また、CDやDVDを売った時もあるのですがやはり、あまり高値ではありませんでした。
それには自分の管理の問題が大きいと思うのですが、その時の私の管理が雑であり、当時は車の中でCDを聞いていたので、CDをそのまま車の中で管理してしまい車の運転や状況も相まって、ケースに傷がついてしまったりCDの取り出し等を行っているとディスクにも傷がついてしまっておりました。
その為値段がつきそうなものに関しても殆どつかないような状況になってしまいました。
例えるなら1000円の値段がつくような商品が150円ほどに下がってしまうような顛末でした。
それで何故そんなに低いのかを聞いてみると、やはりケースの傷やディスクの傷が目立ってしまって高くは買い取れないというものでした。
その為にそれからはCD、CDケースの管理もしっかりしようと思いました。
また、次回は宅配買取業者の利用も検討しています。
>>CDが売れる宅配買取業者を紹介しているHPはこちら