CITY COASTER

日本を代表するポップインストルメンタルバンドT-SQUAREの通算44枚目のアルバムです。

1978年のデビュー以来、毎年コンスタントにオリジナルアルバムを出し続け、今年は40周年という節目を迎えました。

リーダーでギター担当の安藤まさひろを中心にメンバーチェンジを繰り返しながら、今もなお日本のヒュージョン音楽界のトップを走り続けています。

現在のメンバー4人にサポートベーシストが加わった体制になってから13年。

それまでのSQUAREが築き上げてきた音楽性を守りながらも、常に新しい時代のサウンドを取り入れ、「今のSQUARE」カラーを打ち出してきた彼らの自信作と言えるでしょう。

今回の作品は、定番のサックスやEWI(ウィンドシンセ)にトランペット、トロンボーンを加えたアレンジになっています。SQUAREの曲でありながら、メインサックスとのユニゾンやホーンセクションとしてうまく溶け込ませ、より幅のある世界観を作り出しています。

初期のころからずっと聴いてきたファンにとっても新鮮な響きがたまりません。

アルバムタイトルである「CITY COASTER」は1曲目にふさわしく、颯爽と駆け抜け、休符から始まるメロディーがより印象強く音楽を引き締めます。

ポップインストのような印象を与えるアルバムジャケットからは想像もつかず、バラードやダンスミュージック、ラテンテイスト、ジャズなど多彩な楽曲で構成され、バンドの演奏技術、表現の幅広さに驚かされます。

ミックスされたサウンドも、まるでコンサートホールやライブハウスで演奏しているかのように、臨場感たっぷりです。