スピッツ「スピッツ」

NHK朝ドラのオープニング曲「優しいあの子」で再び脚光を浴びている大御所バンドのメジャーデビュー1作目です。

スピッツといえば、まさに時代を超えた普遍的なメロディーや歌詞が幅広い世代に支持されているアコースティックロックバンド。

その原点ともいえる本作には、今のスピッツには見られない粗削りながら先鋭的な要素が多く見ることができ、結成30年を経てもなお洗練され進化していく同バンドのルーツが伺えます。

中でも、「死神の岬へ」、「テレビ」など、シュールな世界観の中に草野正宗らしい強烈な「性と死」を匂わせる歌詞や昨今はあまり見られないソフトパンク的なメロディーの組み合わせが個性的。今夏のフェスのセットリストにも入った「海とピンク」もこのアルバムに収録。あのアナーキーでエロティックな雰囲気も存分に楽しめます。また、セカンドシングルにもなり、カバー曲も人気となった「夏の魔物」など極めて情緒的な作風も魅力で、リリース30年を経た今でも十分に視聴に耐えうる内容に仕上がっていると思います。また、現在流通しているリマスターは「圧」も適切で安心。

90年代の「ロビンソン」、「空も飛べるはず」などのブレイク以降に入ってきた方、また、最近ファンになった方にはぜひ、おさえて欲しい1枚だと思います。

また、ジャケットや譜面のデザイン、掲載されたメンバーの写真など、90年代初頭の雰囲気が強く感じられると同時に、当時のレコード会社や事務所がどうやって彼らをプロデュースしようか苦悩したあとがうかがえるのも興味深いところです。