「The Ultimate Sin」 Ozzy Osbourne

メタルの帝王、オジー・オズボーンがジェイク・イー・リーをギタリストに迎えて制作したアルバムです。 ジェイク加入後は2枚目となる作品で、アメリカナイズされたようなキャッチーな曲が多いです。 ジェイクの華やかで緻密に考え抜かれたようなギターフレーズが全編で炸裂していて、とても聴き応えがあります。 なんといっても最高なのは「Shot in the Dark」です。 いかにもジェイクといったようなリフが格好良い曲で、ジェイクフェイクと言われた、トリッキーな技も炸裂しています。 しかし、この曲は意外にもベーシストの... Read More