ロマンティック(エアプレイ)

エアプレイは、キーボーディストのデヴィッド・フォスターと、ギタリストのジェイ・グレイドンが組んだユニットです。 デヴィッド・フォスターは、数多くのバック・バンドへの参加やセッション・プレイヤーで頭角を現します。 その後、著名アーティストのプロデュースや楽曲提供で名声を得て、今やプロデューサーとして大御所の域に入っている人物です。 ジェイ・グレイドンはスタジオ・ミュージシャンからキャリアをスタートし、スティーリー・ダンの「ペグ」のギター・ソロで有名になりました。 その後はアレンジャー・プロデューサーとしても... Read More

TheYellowMonkeyのJAMがぐっとくる

TheYellowMonkey、イエモンって、名前は知っていても、あまり聴いたことがなかったアーティストです。 どんな曲を歌っているのかということもいまいちピンと来ていなかったのですが、最近改めてなんとなく聴いてみたらそのかっこよさに今更気が付いてしまいました。 見た目のかっこよさというものももちろんあるのですが、どの曲もすごく良いなと感じました。 特に「JAM」は歌詞にやられてしまいましたね。 後半にある『あの偉い発明家も 凶悪な犯罪者も みんな昔子供だってね』の後にある『外国で飛行機が堕ちました ニュ... Read More

まばたき/YUKI

自分はYUKIさんが好きでたくさんのアルバムを出されていますがその中でも好きなアルバムが一つあってそれがまばたきです。 YUKIさんがこのタイトルにした理由もとても好きでこのアルバムを作っていた時、YUKIさん自身に2度目の思春期のようなものが来ていてその感覚をアルバム名にできないか。と考えていたそうです。 基本的に思春期というのは、10代の頃に来るもので思春期や青春は一瞬で過ぎてしまう。 その”一瞬”という表現を”まばたき”と表現をしたと言われていてその表... Read More

紳士的なハーモニーを楽しませてくれる98°のアルバム「98° And Rising」

偶然にも98年に発売された、アメリカの98°という4人の男性グループのアルバム「98° And Rising」を今でもたまに取り出して聴くときがあります。通して全て聴くのですが、最も楽しみな歌は「Because of You」です。13曲の中の7曲目ですが、この歌は90年代後半にアメリカでかなりヒットした曲だったそうです。 98°というグループは日本でも昔有名だったであろうBackstreet Boysと少し似た感じのグループに感じながらももう少し「大人」といったイメージです。歌の上手さはこちらの方が勝っ... Read More

ヴァネッサ・カールトンの「Heroes and Thieves」を夜聴いて心を休める日々

JPOPも好きですがアメリカのポップスも好きな私は、定期的に夜寝る前にヴァネッサ・カールトンの「Heroes and Thieves」というアルバムを聴くことがあります。2007年ぐらいに発売されたもので、自ら作詞作曲しているアメリカ人女性の歌が11曲入っています。一番メインの曲が7番目に入っている「Heroes and Thieves」ですが、私が一番好きなのは最後から2番目に入っている「Home」という歌です。 全てピアノがメインの伴奏なのですが、「Home」というしっとりとした曲は特にピアノ伴奏、そ... Read More

アメリカの歌手Jewelの90年代大ヒットアルバム「Spirit」

90年代後半のアメリカポップスに惹かれることが多い私ですが、中でも癒しを求めるときにはJewelのアルバム「Spirit」を聴く習慣があります。たまたまCD屋で中古で購入しましたし、出会いはたまたまでした。アルバムに書いてあったのですが、絶大的なヒット曲であった「Hands」という歌が入っていることを知りました。 一応最初から最後までアルバムを聴きましたが、やはり「Hands」が最も印象的で何度も聴きたくなる歌でした。色々と人々の平和を願うような、神にお願いしているような必死な光景が思い浮かぶような歌です... Read More

ピアノ伴奏が綺麗なヴァネッサ・カールトンの「Be not Nobody」

2002年発売のアルバムですが、アメリカの歌手ヴァネッサ・カールトンのアルバム「Be not Nobody」は常に私のお気に入りです。元々アメリカのポップスが好きな私ですが、わりと90年代後半や2000年代前半に全盛期であった歌手が好きです。ユーチューブでたまたま見かけることが多いです。ヴァネッサ・カールトンのこともそうでした。自ら作詞作曲してピアノの弾き語りをする彼女の姿は美しく、ピアノ伴奏がとても耳と心に残るのです。 この「Be not Nobody」には彼女の2000年代前半までのヒット曲が全て集ま... Read More

変化し続ける倖田來未の魅力

倖田來未は元々エロかっこいいというキャッチフレーズで注目を集めていました。 加えてその高い歌唱力と愛を歌う歌詞に魅了され、ヒットシングルもたくさん生み出しています。 しかし一時期より人気が低迷し、CDの売り上げも芳しくないという状況もありました。 そんな中倖田來未の結婚と妊娠・第一子出産という過程を経て女性としても歌手としても大きく変化していきました。 母となってからの倖田來未はこれまでとは違った局長の歌を出すようになりました。 以前は多くの方が歌いやすいバラード・JPOPを中心としていました。 しかし一... Read More

Lemon

死、をテーマにした曲はたくさんあるように思います。 親の死、兄弟姉妹の死、祖父母の死、親戚の死、友人の死、恋人の死。大切に想えば想うほど、想いがふかければ深いほど、その大切な人の死は、圧倒的な絶望感を与えます。 昨日までいた人がいない、その喪失感は明日への力も奪い、自分の存在意義さえ考えさせられます。 大切な誰かを失った時、あの時こうしていればよかった、もっと優しくしてあげればよかった、きちんと伝えればよかった、とできなかった後悔に悩まされ、自分の無力さにまた絶望します。 失ってからでは遅いのに、なくして... Read More

WORLD DOMINWA TION(BAND MAID)

最近ハマッテいるバンドが在ります。名前はBAND MAIDと言いますが、この手のバンドで以前売れたのはショーヤと言うバンドが在りました。当時と比べて音質が良くなっいます。機材の進歩によるものでしょう。 ■バンドの紹介を最小限にしておきます。 ヴォーカル:さいき ヴォーカル、ギター:小鳩みく ベース:あかね リードギター:かなみ ドラム:みき、この5人のバンドですジャンルはハードロックで、デビューアルバムだけならば終わっていたのかもしれませんが、セカンド、サードと手に取る様な演奏技術の進歩です。まだ伸びるバ... Read More